各種製品のお問い合わせからご意見・ご要望などお気軽にご連絡ください。→

あなたの家の防犯対策は万全ですか?侵入手口は悪質・凶悪化しています。
もう一度ご自宅の防犯性能を見直してください。

 



錠前業者が専門で使用していたピックツール(ピッキングするための特殊工具)を使用して、錠前を解錠する行為を『ピッキング』と言います。元々ピックツールは錠前専門の業社が独自に改良を加えながら自作し、同業他社にすら公開しない極秘の工具であり技術でした。
ところが、一部のディスクシリンダー・ピンシリンダーの解錠方法が極めて簡単であることが判り、これを外国人窃盗団が悪用し、ピッキングをマスターした者がグループとなり、各地で空き巣狙いを繰り返していました。
またインターネット売買の普及により、現在では簡単にピックツールを入手することができます。一般の人でも技術を習得することができるため
、空き巣狙いをしたとのニュース報道も数多く見受けられ、ピッキング被害も拡大し続けています。

●留守わからん錠 ●ぼー犯錠





サムターンとは本来、室内からカギを開け閉めしやすくする為のツマミ。これを室外の侵入犯がドアのカギ穴近くにドリルで穴をあけ、特殊な工具を差し込んでサムターンを回す手口を『サムターン廻し』といいます。
他にも、玄関扉のすき間から特殊な工具等を入れる・扉に備え付けてある郵便受けを破壊し、手を入れて扉の内側にあるサムターンを回して解錠する等、サムターンを狙う手口は様々です。ドアには元々いろんな穴やスキ間があります。侵入犯にとって、まさにアナだらけでスキの多いドアは狙い目なのです。集合住宅では全戸が同じドア・同じサムターンを使用している事が多いので、1件侵入したら隣も同じ手口で次々と… 侵入犯にはとても効率の良い手口なのです。

このサムターン廻し対策としては、サムターンにカバー・ドアチェーンへの鍵の取り付けが効果的です。

また、ワンドアツーロックも効果的です。

※このサムターン廻しはピッキングとは全く違う手口なので、耐ピッキングのカギ(シリンダー)に交換をしても関係ありません。

●ロックブロック ●チェーンでロック
●取替錠付ドアガード ●錠付ドアチェーン
●取替用錠付ドアチェーン  







カム送り解錠は、特殊な道具を用いて錠シリンダーを迂回し、直接錠ケース内部に働きかけてデッドボルトを作動させ解錠する手口で、別名「バイパス解錠」とも言います。
平成14年7月某テレビ局にて「針金1本で解錠できる事実」として手口が全国に公開されました。解錠工具も発売されており、1分もあれば解錠することが可能です。また、一番問題なのがピッキングを防止する高性能なシリンダーを装着(交換)しても、隙間が発生する限り何の役にも立たないと言うことです。針金のような工具を錠前本体(中身)に直接働きかけ操作しますので、シリンダー部分は何の関係もなくなることになるのです。また、この手口を全国に公開することにより、この解錠方法を知らなかった者までが、この方法を利用して不法侵入することが今後予想されます。

●留守わからん錠 ●ぼー犯錠
●チェーンでロック ●取替錠付ドアガード
●取替用錠付ドアチェーン ●錠付ドアチェーン